【合格】KWスクールの評判と料金は?webライターになった私が感じたこと

kwスクール

こんにちは、ぺーやんです。

今日はKWスクールに私が入ってみてということで、記事にしました!
入会を迷われている方の参考になればです。

 

KWスクールは本当に実在するのか?

さて、KWスクールというのは本当に実在するのか?とたまに聞かれるのですが、実在します笑
私も、実際に入会していますし、サポートも受けられています。

メールでの相談や通話などを経て、思い切って、申し込むことにしました。

申し込む前は大丈夫かな〜とかなり不安で仕方がなかったのですが、今では、「思い切って、入って良かった!」と感じています。

実際に先生もいますし、しっかりと丁寧に答えてくれているので感謝です。
スローペース学習の私にとっては非常にありがたい。

1人なら多分、諦めてる笑
って感じですはい。

 

KWスクールの料金,受講料はどう?

で、いくらなのよ?と気になっている人が多いようですが、実際のスクール料金の値段としては、「ネット上では公開しない」ようで、掲載はされていません。

 

なので、気になる人は直接問い合わせてください。


ここの部分をスクールに確認した所、
「金額については説明会参加者の方にお伝えしています」とのことでした。

なので、全体では公表はしていません。
実際に参加した私が、ここの金額をいうのも何だか申し訳ないので、

伝えることはしませんが、それなりの金額とだけは言えます。

べらぼうに高いわけではないですし、

他のスクールとかと比較すれば、割と良心的かな?と言える気もするんで。

 

ただ、かといって安いわけではないという、ライティングって元々お金をかけて学ぶイメージがないと思うので、あまりお金をかけたくないって人からしたら、少し高く感じる可能性はあるかもです。

ただ、別に法外な値段とかではないので、そこは一応、記載しておきます。気になる人は直接聞いてくださーいー

 

KWスクールとは一体何か?

あとは、そもそもKWスクールって一体何ですか?っていう人もいると思うので、説明をしておこうと思います。ここの説明が遅くなり、申し訳ないです。

KWスクールというのはライティングスクールで、Webライティングの稼ぎ方を教えるスクールとなっています。

最近流行りの、オンラインスクールの一種です。

webライティングが何かも一応、説明をしておくと、

「ブログ記事の作成を企業から依頼されて、記事作成をするお仕事」

くらいに思ってもらえれば良いです。

 

記事を書く人ですね。

 

スクールに入ったら、文章の書き方と、あとはライティングで稼ぐ方法、

すなわち、ウェブライターとして仕事を取る方法を学ぶということです。

 

あと、他の方の口コミや評判を見てもらえればわかる通り、セールスライティングについても学べます。

 

私は元々セールスライティングについては、あまり知らなかった事もありますし、

初耳だったので、このスクールに入って初めて学びましたが、

 

「学んでおいてよかったー」というのは、かなり思っています。

 

これがあるだけで、取れる案件が変わりますからね、

今後数ヶ月にわたって、セールスライティングを本格的に学んで、

学習の方を進めていく予定ですが、

 

早く、仕事取れるようになりたいなーと、

思いながら、勉強してます笑

 

講師の方もしっかりと教えてくれるので助かってますし、

文章の添削がやはり一番効果ありそうですね。

 

「そっかー、ここがダメだったのか」というのが一目瞭然になるので、

それがかなり良いです。

添削については、また後で書いていきますので、

そこでじっくりと読んでもらえればと思います。

 

KWスクールに入って、稼げた?

 

KWスクールに入って、稼げたか?ですが、月30万円が最高月収という感じです。

 

まあ、初めて半年なので、もう半年期間は残っていますが、

できれば、私としては月50万円くらいいきたいかなと思ってます。

 

私の場合、そこまで本気で学習するというよりも、

本業の片手間なので、避ける時間が少し少なくなってしまいます。

 

なので、正直、成果としては他の人よりは、

劣っている感じかなとは思いますが、

まあ、個人的には満足しているようあんしていないようなという感じですね。

 

現状、技術力をあげないと、これ以上は金額的に上げるのが難しそうなので、

もうちょい頑張ります。

 

課題が山積みで、講師の方から適宜フィードバックを受けていて、

やることが山積みです。

 

ただ、その分、課題が明確になっているので、

ある意味、安心でもあります。

 

一体何をやったら、どれくらい稼げるんだろうか?と無駄に悩むことがなくなりますからね・・・・・

 

その状態が一番宜しくないかと。

 

稼げるかどうかですが、人次第と思います。

実際にスクールに入っても、行動しなければ稼げませんし、

スクールに入ってもやらない人は稼げないと思います。

 

私としては、いつでも相談できる環境と添削があったので、

ここまで来れましたから、スクール側はしっかりと提供していると思います、価格分の提供を。

 

だから、私的にはよかったなーと思いましたし、

独学でこれほどの金額を稼ぐことは不可能だったはずです。

 

そこは、やる気次第ですね。

 

私はもともt、ウェブライターとして結果を残したいというのがありましたし、

副業で何がなんでも稼いでやるぞ!という気合いのもとここまで頑張れました。

 

だからこそ、スクールの言われた通りに、実践した感じです。

 

本当にやる気次第だと思います。

 

別に突き放しているわけではなくて、環境は整っています。

たぶんですが、ライタースクールをいくつか比較してみたんですけど、サポート体制はかなり高いはずです。

 

他のスクールに入会したことがあるわけではないので、何とも言えませんが、実際高いと思います。

 

独学でやるよりも効率は上がりますし、いつでも気になることが聞けるという意味では助かりましたし、添削もいつでも受けられますし、仕事の取り方も聞けるしで、一通りの疑問は解消できるわけですね。

 

そうなったら、あとはもう本人のやる気だけっていう。

わかります?

 

だから、やれば稼げるというのはまあそうだよなと思いますし、

ここに入って稼げないのであれb、おそらくどこに入っても稼げないんじゃないかなーとは思いますね。

 

まあ、そんなところです。

 

あと、ライティングという仕事の性質上、仕事をとって、記事を書けばお金がもらえるので、稼げないということは少なくともないでしょう。

 

稼げないというのは、そもそも仕事に応募をしていないか、記事を書いていないかの2択です。

 

記事を書く技術が身についているのに、稼げるようにならないとかだと本当に何というかアウトなんですが、そうではないですし、ちゃんとカリキュラムをこなせば、ライティングの技術はわかるようになっているかと。

 

だからもう努力次第なんですよね、ここの部分はうん。

 

KWスクールの口コミ,評判はどう?

 

まず、私の意見を書いておくと、

「良い」という感じです。

 

別に悪い点は今のところないです。何か出てきたら、ちょっと追記しようかなとは思っていますが、今のところは丁寧にやってもらっているので、ないですね。

 

あと、ネット上の口コミの真実として私がいつも感じているのは、

 

悪い口コミを書くやつは、大抵実践していなくて、

なんかよくわからんけど、文句を言っている人、

のような気がするんですよね。

 

Twitterとかをみると、結構いるじゃないですか、そういう人。

 

調べたみたら、KWスクールにはそういう人はいないみたいですけど、

ネットでプログラミングスクールとか調べると結構沸いてますよね。

 

挫折したのをスクールのせいにしているみたいな・・・・

 

私はこういう人の神経がよくわからないんですよね、

せっかくお金を払ったのであれば、本気でやると思うんですけどね・・・

 

まあ、スクール側が役務を提供していないとかは明らかに別なんですが、

そうでもないっていう。。。

 

いや、スクールに入ったら、その受講期間は、本業の仕事の時間以外は、

全て、その学習に使うとかやれよって思ってしまうんですが・・・

(もし私だけだったらすみません)

 

話がそれましたね・・・・

 

KWスクールの口コミをいくつか見つけたので、それについて説明していきたいと思います。

割と詳しく解説しているサイトを載せますね。

 

【稼げない?】KWスクールの評判、受講料、料金についてレビューした結果
こんにちは、陽子です。さて、本日も毒舌レビューということで記事を書いていきます。私自身は毒舌だとは思わないのですが、読者の方からはそのように言われるようでして、どうやら毒舌のようです。話を戻しまして、最近は副業ブームが続いていますね。その副

デザイナーの方が口コミを書いてるようですね。

誰?なのかは名前は存じ上げませんが、この方が口コミをいくつかまとめています。

 

レビューという感じですね。KWスクールを分析されていらっしゃいます。

女性ながら、非常に冷静に分析していますね。

 

彼女の評価だと悪くもなく、良くもなくという感じでしょうか。

判断材料が少なくて、決定に困っている感じはありますが。

【嘘の口コミ暴露】KWスクールの評判を徹底調査してみました!料金や受講料は?|本音の口コミ.com
子供がまだ小さいから 「在宅ライターとして稼ぎたい」 「プロのWEBライターになりたい」 という方も多いでしょう。 そこで今回は口コミで評判のWEBライティングスクール「KWスクール」の評判や口コミについて

口コミが多数載っていますね。

このサイト的には、中立的な立ち位置という感じでしょうか。

甲乙つけがたい感じですね。

 

多数口コミが載っているので、判断材料にはなるかもです。

【料金は?】KWスクールの評判と口コミまとめ。受講料や怪しいなどの評判
こんにちは、メディア編集部の宮田です。今回は、「KWスクール」という最近話題のライティングスクールについて見ていきます。「どんなスクールなのか?」「ライティングについてどこまで学べるのか?」「本当にしっかりとしたスクールなのか?」をこちらの

 

サイトの口コミを何個かまとめているサイトですね。

このサイトとしては、おすすめというスタンスでしょうか。

 

口コミがそこまで悪くないからか、

おすすめできるのではないか?

という考えをサイトから感じられます。

 

このサイトに、KWスクールのカリキュラムが掲載されているのですが、

参考になるとは思います。

 

実際に、ここに書かれているように、Googleアップデートについても解説をしますが、

ライターが学習する量としては十分すぎるレベルです。

 

SEOの知識についてどこまで学ぶべきかっていう議論は割とありますけど、

私は学んでおいてよかったなーと思いますね。

 

実際に、SEOのことがわかると、クライアントや管理人と話がスムーズに進みますし、

 

SEOのことがわかると、その分、提案もできます。

 

追加で、編集業務も請け負いましょうか?

追加で、リライト業務も請け負いましょうか?

 

みたいな感じで、さらっと提案しています。

 

そうすると、大抵OKくれますね。

 

ただ、一番厄介なのは、

「クライアントにSEOの知識が無さすぎる場合」←これ厄介すぎますw

 

そういうクライアントから、ライティングマニュアルを見せられて、「いやいや・・・・こんなやり方で上位表示しないでしょ・・・いつのSEOですか?笑」みたいになることがクラウドワークスではあります。

 

「そういうクライアントと仕事をしても、成長がないから、やめた方が良いですよ」と言われてから、あまり関わっていませんが、昔はかなり消耗していましたw

 

しっかりと上位表示できそうな記事を書いても、意味不明な添削をしてくるんですよね。

 

SEOキーワードをあと10個、文中に入れてください、みたいなw

 

いやいや・・・・・

別にいいけど、それで別にアクセス増えねえぞと。

 

クソ案件とまでは言いませんが、地雷案件かもしれません。

 

初心者のうちはいいかもしれませんが、さっさと見切りをつけて、

さよならバイバイした方がいいですね。

 

クライアントがお金をしっかりと持っているか?

は重要な部分なので、ちゃんとチェックしています。

 

お金を持っていない相手は、稼げませんし、仕事をくれたりとか、予算がないので、提案しても採用されません。

 

「決裁者との距離が近いか?」はフリーランスにとってかなり重要度が高い事でして、

仮にお金を持っているクライアントでも、決裁者との距離が遠かったり、組織的になりすぎていると、昇給はあまり見込めないのですよね。

 

そことの兼ね合いです。

 

KWスクールに入ってみて思ったことをゆるりと書いていきます

 

入ってみて思った事ですが、ズバリこれです。

「添削を受けることの重要性」

です。

 

ライティングを上達させる上で、

「文章を誰かに添削してもらう」

というのはかなりの近道なのです。

 

「はぁ・・そうですか・・・」

となる人は多いと思います。

 

いやでもこれをなめちゃいけないです。

本当に添削って受ける価値ありますし、どんな方法よりも文章を上達させることが可能です。

 

例えば、記事を書いていた時に、

 

「この文章の書き方だと、あまり上位に表示させられないですよ」

「ここの言い回しがおかしいです。さては、ぺーやんさん、これは癖ですね。よくない癖です」

「文章の書き出しが、いまいちです。修正してください」

「読者が知りたいことをあまりまとめられてないです。ここの見出しは全部書き直してください」

 

という感じで、フィードバックを大量にもらえるんですよ。

 

そうすると、否が応でも文章を修正せざるを得なくなりますし、

やり直さないといけなくなります。

 

それで、その文章を修正しているうちに、

徐々に文章が上達していくわけですね。

 

そして、そのフィードバックのほとんどが、

「自分ではこれまで気づけなかった内容」

なんですよね。

 

自分が知っているアドバイスは無意味ですが、

やはりそこは既に経験がある講師の方ということで、

非常に助かっています。

 

添削、添削、添削の繰り返しです。

あれこれ、本を読んで、知識をつけるよりも、

添削を何回も受けた方が文章が上達するんじゃないか?

 

と思えますね。

 

実際に、私は最初、記事を書き始めの頃は、

添削ポイントが真っ赤になって返ってきましたが、

今では、本当に少しの部分になっています。

 

添削箇所が減っていることで、

自分の実力の向上も感じられて楽しいです。

 

謎の充実感があります。

 

と考えると、「自分の成長度合いを感じられるか否か?」って結構、重要ですね。

 

ただ、この添削を受ける機会ってなかなかないというか、

普通にライティングを学習していたら、

サービスとして存在してないんですよね。

 

添削って地味にする側は面倒ですし、しっかりと文章を読み込まないといけないのと、

「どのように文章を修正するべきか?」「どのような言葉に直すべきか?」って考えると、

本当に時間もかかります。

 

なので、まあ、そんな添削してくれる人なんてなかなかいないですよね・・・

っていうのが思っていることなんですけど、それが欲しくて、私の場合はスクールに入ったというのがあります。

 

元々、クラウドワークスでライティングの仕事をやっていたんですが、

その時に、管理人の人から、記事を添削してもらったり、

直してもらったことがあったんですね。

 

そうしたら、本当に少しの添削だったんですが、

「なるほど!こうやって文章を書けばいいのか!」というのが分かったというか、

役立った感じがあったんですね。

 

まあ、その管理人さんとの仕事は、1ヶ月くらいでなくなってしまったので、

その後、添削を受けられる機会が減ったのですが、

 

結局、文章をいくら書いても、具体的にどうやって文章にすればいいのかがわからないし、何をすればいいのかが見えなかったので、どうしようと悩んでいました。

 

ライターとして活動している人であれば、

結構、あるあるなのではないでしょうか?

 

割と多いと思います。

 

「なるほど、文章の書き方というかどうすればいいのかはわかった」

「でも、じゃあ、具体的にどうやって記事を書けばいいの???」

っていう症状ですね。

 

ライティングをしている人なら誰もがあるはずですし、

 

「何となくこうすれば良いだろうという理想像」

「あまりうまくかけずに出来上がった微妙な記事」

 

この狭間で悩んでいる人は多いですよね。

 

それで、私もどうしようかなー、なんで書けないのかなー、っていうか頭の中にある理想の記事はなに?ってずーっと悩んでました笑

 

そういう人にはお勧めできますね!

 

ライターとして活動していきたいけど、具体的にどういう記事を書いていけばいいのかわからない、

具体的に文章をどう書けば良いのかわからないし、何て書くのが正解なのかわからない!!って方。

 

文章の書き方は、「クライアントが求める文章の書き方に寄せる」っていうのが最低限のルールにはなるんですけど、最低限のルールとかライティング方法は覚えておかないと損です。

 

そこの重要性に気づけたのが、KWスクールに入ってよかったことですね。

 

逆に、「添削は別にいらない・・・」という人とか、ある程度、ライティング中級者というか実践されている人には微妙かもです。

 

「ライティング自体が、他人の文章添削ありきで、上達する」という部分についても、

ピンとこないようであれば、それもそれでスクールに入る意味はあまりなさそうですね。

 

ライターをしっかりと積み上げて学習している人であれば、

どこかのタイミングで、伸び悩む時期が必ずきます。

 

「このライティングで本当に正しいんだろうか?」

「なにかあってるようだけど、間違ってるような気もする」

「間違っているわけではないし、クライアントからのフィードバックも得られているし、致命的なミスをしている気はしないけど、でも何かが違うような・・・」

 

となってる段階ですね。

 

この段階はライターとして活動している以上は、誰にもで訪れますから、

そうならないようにも事前に添削を受けておくというのは非常に役立ちます。

 

ちなみに、上記の段階になると、下手にスキルが身についてしまっている分、

誰かから指導を受けるというのが非常にアホらしくなるというか、

どうでもよくなってしまうので・・・

 

あまり学習して新たに身につけようという感じにはならないんですよね。

 

それを避けるためにも、とりあえず、

先回りして学習をしておくのはありだと思います。

 

あとは、独学で何とかできる人や、

既にライターとして活動していて、それなりの金額を稼げている人には不要かと思います。

 

あと、セールスライティングを学びたいという人であっても、

それであれば、セールスライターを専門で取り扱っているスクールなどの方が、

コスパはおそらく良いです。

 

という感じでしょうか。

 

KWスクールでもセールスライティングは学べますが、やはり、セールスライティングは特化して別の場所で学んだ方が良いかと。

 

あとは、地味に「質問力」が試されます。

講師の方と実際に通話で相談ができるんですが、その時に、質問できないともったいないですねとは思います。

 

私の場合、根掘り葉掘り聞きましたよ。

 

・どこから仕事をとってきているのか?

・この文章はこういう書き方で問題がないか?

・最近、おすすめのクラウドソーシングサイトはあるか?

みたいな初心者レベルの質問から、

 

・SEOの知識はどれくらい兼ね備えておくべきか?

・クライアントを選ぶ際に重要なマインドセットは?

 

とか、もう質問攻めですね。

 

せっかく、講師の人に質問できるのだから、もったいない!と思い、聞きまくりました。

 

そうしたら、結構細かいことまで教えてくれますし、

何をすればいいのか解説してくれるので、その分、知識が身につきました。

 

あとは、ここだけの話、裏話系も割と聞けましたし、

へーそうなんだという恐ろしい話も割と聞けたのでよかったです。

 

やはり、ショートカットするためにお金を払うというマインドセットで臨むのが良いと思います。

 

そんくらいでしょうかね。

 

あと案件依頼は一度受けました。どこまで言っていいのかわからないので、ちょっと迷ってるのですが、記事執筆の依頼も受けました。

 

記事執筆については、条件を満たした方のみだそうですが、

私の場合は、かなり勉強になりました。

 

kwスクールと他のスクールとの比較は?

 

私は他のスクールに入ったことがないのでわかりませんが、

ライティングスクールの数はそもそも少ないと思います。

 

私もいくつかネットで調べたんですけど、

あまり見つかりませんでした。

 

3個、4個くらいですかね?

スクールと言えそうな所は。

 

ただ、コピーライティング、セールスライティングを指導しているスクールは、

割とありました。

 

ただ、私が探していたのはあくまでwebライターでちょっと違うかなと思い、スルー。

 

ライティングの教材もあまりないですよね。

ブログアフィリエイター向けの教材とか、

SEOについてかなり深く解説している教材はそれなりにありますが・・・

 

webライティングを解説するという教材はあまりないです。

本ならありますけど、実践向きではあまりないという。

 

なので、そもそも母数が少ない、比較対象が少ないという前提の上で解説をしますが、

スクールごとの違いがあるか?と言われたら、正直わかりません。

 

ただ、サポートの手厚さを重要視しているようなので、

判断軸はそこでしょうか?

 

サポートがいるのかいらないのか?

どのくらいみっちりと指導して欲しいのか?

 

そこで決める形になるのかなと思います。

濃いサポートがいらないのであれば、そもそも独学でいいので、スクールに入る必要はないかと思いますが、まあそんな所でしょう。

 

入らなくていい人がいるとすると、そこですね。

添削とかサポートがあまりいらない人。

 

自分で頑張れる人はスクールは不要だと思います。

あくまで、しっかりとサポートをしてもらって、わからないところがあれば、いつでも聴ける環境を欲しいという人向けなので、そこを前提にした上で、入会の可否は検討した方が良さそうです。

 

たまに、スクールに入る目的が不明なまま、スクール選びを迷っている人がいるんですが、

KWスクールにしろ、どこのスクールにしろ、入る前に一度、考えた方が良いです。

 

「スクールに入る目的は何なのか?」

「そのスクールに入って、得たいものはサポートなのか?稼げる環境なのか?具体的なテクニックなのか?」

などなど・・・・

 

良さそうだから、入会してみる、というのも良いですが、

自分の希望と相手の提供サービスがマッチングするかどうかの方が重要です。

 

総じて、稼げない人は、ここの、「自分の希望」の部分がわからないまま、

迷走してしまっているのですよね。

 

そもそも、自分が誰に何を求めているのかがわからないと、副業では成功しないと思います。

(お前何様なんだよというセリフが飛んできそうではありますが、、、、)

 

KWスクールのデメリットはあるのか?

 

最後にスクールのデメリットですが、

「質問があまりない」という人はちょっともったいないかもです。

 

そこは質問力と一言でまとめた方が良いかもしれません。

 

せっかく、お金を払ってやる以上は、サポーターの人に質問する意欲というか、

バンバン質問していくことが求められます。

 

いやもちろん、講師の方も、質問を促してくれたりするんで、

質問しないと、何もしてくれないとかではないんですけど、

やはり、こちらから質問をしっかりと聞ける方が情報は得やすいです。

 

そして、質問をしていくということは、

「しっかりと日々、記事を書いていかないと、質問は何も生まれない」

ということです。

 

作業をしなければ、質問は生まれません。

行動なしに質問は生まれませんから、しっかりと行動をする必要があります。

 

だから、行動しないと、結局、聞くことが何も思いつかなくなるので、

質問することもできず、講師との通話の時間がもったいない感じで終わってしまうので、

しっかりと作業をすることは大前提ですよね。

 

質問することがないと、カリキュラム通りに勉強して、記事を書いて、仕事に応募して終わり、となってしまいます。

 

まあ、それだけでも勉強にはなるんですがw

吸収率を高めるというか、せっかくスクールに入ったのだからと私は思うわけですよ。

 

そこの部分を頑張れる人の方が良いですし、あまり自信がないのであれば、

どうなんでしょうね。スクールには入らなくてもいいような・・・とは思います笑

 

おんぶにだっこだときついです。

 

スクールとかは、最低限自分で頑張れる行動力があって初めて役立つので、

文句ばかりを言ったりとか、「入会したんだから、俺を稼がせろや」みたいな依存マインドが強い人は、難しいのかなと。

 

別にこのスクールに限ったことではないですが、

スクールというよりも、そういう人たちに必要なのは、まずは独学で必死にもがいてみることかなとは思いますね。

 

あとは、カリキュラムの動画をしっかりとみれないと、おそらく何が何だかわからなくなると思うので、注意です。

 

当たり前すぎて、書くか迷ったのですが、カリキュラムの動画を見ずに、文章を適当に書いて稼ぐのは不可能です、

 

あとは、セールスライティングを極めようと思ったら、別途学ぶ必要がありますね。

メルマガライティングとか、あとは、実際にセールスレター作成を本格的に受注するとなったら、もう少し他もさらに追加で、学んだ方が良いかなーと感じています。

 

これは私の勝手な考えですが。。。

実際はどうかわかりません、まだ学習中なので。

 

基礎は身につきました、あとは今のレベルでどれくらい戦えるのかもう少し様子を見てみたいと思います!

 

まとめ

私の感想や体験談が多めなので、参考になるかはわかりませんが、

お役に立てれば嬉しいです!

 

あとは、何かあれば、その都度更新していこうと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました